科学的根拠

モリンダでは、安全で科学的根拠のある製品を通して、お客様の健康を支えたいと考えています。

そのために、研究開発への投資を積極的に行っています。

これまでに1億2,500万ドル以上を研究開発費に投入し、108の論文を発表してきました。

また、モリンダは世界の最先端を走る研究施設を持ち、先端技術とともに最新の研究を進めています。

unspecified-10

米国医学参考書PDR(Physicians`Desk Reference)に掲載

7Io6xaFQFXV3T2FozY0ln3xT28jRhZYTRvEF5uxmYHY

アメリカの医師なら必ず持っているといわれる医師のための参考書である『PDR』に、モリンダ製品は健康補助食品として掲載されています。

特許

世界で60の特許を取得しています。

LC/MS(高速液体クロマトグラフ質量分析計)

モリンダでは「LC/MS(高速液体クロマトグラフ質量分析計)」という機器を導入しています。

I7WxX1Dr8nnFaCuDIK5_y8eni9L53BrJ4jRUXlLw4FA

これは、液体に含まれる成分を分解・検出するものです。

この装置を使い、さまざまな食品・有用植物の可能性を探求するため、米国で化学的に検証されてきた高い基準を採用し、有用な成分を特定しています。

このLC/MSを用いて、モリンダの研究者と大学の共同研究者らは、食品やまだ明らかにされていない有用植物をテストしていきます。

モリンダでは、こうした高性能機器による研究を続けて、新たな製品を市場に投入していきます。

108報にもおよぶ論文

モリンダが発表している論文の数は、健康食品会社としてはトップクラスになります。

モリンダ社もしくは共同研究先の発表した論文は108報です。(2015年12月現在)

インターネットの「PubMed」学術論文データベースでイリドイドを検索すると2200を超える情報があります。

《主な論文》

※掲載の論文は一部を抜粋したものとなります。

unspecified-12

■ Morinda citrifolia (Noni): a literature review and recent

advances in Noni research.

Morinda citrifolia( ノニ):文献レビュー及びノニ研究におけ

る最近の進歩 2002 年12 月

■ Identification of major aroma compounds in the leaf of

Morinda citrifolia Linn.

Morinda citrifolia Linn 葉の主要芳香族化合物の同定

2008年10 月

■ A double-blind clinical safety study of noni fruit juice.

ノニ果実ジュースの二重盲検による臨床安全性試験 2009 年11 月

■ Determination and comparative analysis of major iridoids in

different parts and cultivation sources of Morinda citrifolia.

生息地、異なる部位によるモリンダシトリフォリアの

主要イリドイド決定と比較分析 2010年8月

ご質問・お問い合わせ・会員登録・ビジネスへのご参加をご希望の方は

お問い合わせフォームに必要事項を入力してお気軽にメールください。ご連絡お待ちしています!!!